最近よく聞く「アーユルヴェーダ」ってなに?今流行のアーユルヴェーダをご紹介

最近、「アーユルヴェーダ」とよく耳にすることは多くありませんか?
そこで今回は「アーユルヴェーダ」についてご紹介致します。

目次

アーユルヴェーダとは?

世界三大医学の1つとされるされている「アーユルヴェーダ」。
アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味で、五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。
その医学体系を私たちの生活にも取り入れやすい形にした健康法が、アーユルヴェーダです。
瞑想やヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、ハーブを用いた食事療法など、私たちの日常生活に関わるものを取り入れ、病気を予防し、心と体の健康を保つことを目的としています。

3つの「ドーシャ」とは?

アーユルヴェーダでは、人の体には「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれる3つの生命エネルギーがあるとされ、
この3種類のエネルギーを“ドーシャ”と呼びます。自分の生まれ持った性質や、今の環境や状態がどのドーシャに属するのかを知ることが、アーユルヴェーダでは大切なことです。

①風のヴァータ
軽い、動く、冷たい、乾燥している、早いなど風が持つのと同じような性質、エネルギーを持ちます。
ヴァータを多く持つ人は好奇心が強く活発な反面、気まぐれで飽きっぽいという側面も。神経質で緊張やストレスに弱い人もいるかもしれません。

②火のピッタ
熱い、鋭い、軽い、流れるなど火が持つのと同じような性質、エネルギーを持ちます。ピッタを多く持つ人は火が表すように、
チャレンジ精神が高く情熱的で、完璧主義者になりがち。ついカッとなるなど、気の短い人も多い傾向にあります。

③水のカパ
重い、遅い、湿っている、柔らかい、冷たい、安定しているなど水が持つのと同じような性質、エネルギーを持ちます。カパを多く持つ人は、押しなべて落ち着いた物静かな人が多いでしょう。
ゆったりとした雰囲気を纏い、忍耐力や持久力を持ち合わせています。その一方で鈍感さや大雑把な一面もあると言われています

自分の体質にあった「食事」方法を取ることで、健康にも繋がると言われているので大切なことになってきます!

効果とは?

アーユルヴェーダを取り入れることで
精神的にも健康な体を作る効果があると言われています。

まとめ

是非、自分のドーシャタイプを知って、日常に取り入れてみてはどうでしょうか。
健康で清らかな生活を送っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる