【Private】ヒンドゥー教の新年のお祝いDiwali(ディワリ)

おはようございます。

寒い日々が続いていますね。
あたたかくして、体調管理にお気をつけください。
といいつつ、早速風邪をひいているWEB制作シゲヤマです。

img1

さて、先日ご近所のインド・ネパール料理屋さんに行った時のことですが、入り口の床にカラフルな絵が描いてありました。その日は、Diwali(ディワリ)というインドのお正月のような日で、神様をお迎えするための絵なんだそうです。

Diwali(ディワリ)とは、インドのヒンドゥー教徒の新年を迎える祝祭。ヒンドゥー暦の7番目の月で、10月末から11月初め頃の新月の日が、祭りの日になるそうです。祭日を迎えるにあたって、家の大掃除をしたり、新しい洋服に整えたり、日本のお正月準備に似ていますね。収穫の時期でもあるため、豊穣と幸運の女神ラクシュミーに祈りをささげるんだそうです。

img2

ラクシュミー(真ん中の絵)をキャンドルの炎で飾ってお祭りして、シェルロティというネパールの米粉ドーナツをお供えしてありました。

満月の夜に、ラクシュミーの絵を財布に入れてフリフリするとお金持ちになると教えてもらいましたよ。フリフリしないと♪

堅苦しいことは抜きにして、お互いの文化について冗談を言いながら教え合ったり、日本の中で小さな異文化が感じられると嬉しくなって、またフラリと旅に出たくなります。
どこにいても旅をしている時みたいに、新鮮な気持ちで暮らせたらいいですね~。

今日もよい1日をお過ごしください☆

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる