ピュアな身体と心にリセットできるヨガの浄化法シャットカルマ

WEB制作のシゲヤマです。
今日の台風はそれたのでしょうか。オフィスにいると天気がいまいち分からなくなりますが、心配ですね。

今日は、今年に入って2月から日課として取り入れている鼻うがいJala neti(ジャラネティ)について書こうと思います。
Shat Karma(シャットカルマ)と呼ばれる身体を浄化する方法の一つで、jalaは『水』、netiは『鼻の通路』という意味です。
ヨガをしていなくても、全ての方におすすめの方法です。取り入れる前と後では、全然違いますよ!風邪をほとんど引かなくなりました。

ジャラネティは鼻の中の汚れ(花粉などのアレルゲンや細菌など)を除去し鼻水を抑え、呼吸の通りを良くし、のどの痛みを予防・緩和する働きがあります。 より深い呼吸ができるようになりますよ。

必要なのはネティポットと呼ばれる専用の小さなポットとぬるま湯と塩のみ。
温水に対して、どのぐらいの塩を入れたらいいのか戸惑う方がいるかもしれません。そんな時は、私も愛用している、ネティポットと調合済みサッシェのセットが便利です。

陶器製のネティポットはディスプレイしても素敵なデザインで、ミントグリーンの爽やかな色が気に入っています。

img1

調合済みサッシェポットは小袋に入った1回使い切りタイプで、ポットの中に湯水を入れて溶かすだけ。塩加減を調節しなくていいので、気楽にはじめられます。

img2

鼻から水を入れることに怖いなと感じる方がいるかもしれません。はじめはプールで鼻に水が入ってしまった時のような、ツーンとする感じがあります。数回でポットを傾ける角度のコツさえ分かれば、本当に気持ちがいいですよ◎

以前、先生方やヨガ仲間と一緒に経験した他のシャットカルマ(浄化法)は、お腹をポコポコして腸の動きを活性化させるAgnisara(アグニサラ)、大量のお湯を飲んで吐き出す胃の洗浄Kunjal Kriya(クンジャルクリヤ)、紐を鼻から口に通すSutra neti(スートラネーティ )などがあります。これらは少し敷居が高い感じがするかもしれませんが、ジャラネティは日常に取り入れやすく、とても効果があります。

いつもより少しだけ早起きをして、浄化法を取り入れて、気持ちのよい朝をスタートさせましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる